東京海上プライベートリート投資法人

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 本投資法人の特徴

本投資法人の特徴

東京海上グループの非上場私募リート

東京海上グループの
私募リート
東京海上プライベートリート投資法人(以下、「本投資法人」)は、国内大手の保険グループである東京海上グループがスポンサーとなり、グループ傘下の東京海上アセットマネジメント株式会社(以下、「TMAM」)に資産運用を委託している私募リートです
現在、他の上場リートや私募リートが東京海上グループの傘下にないことから、本投資法人は、東京海上グループの力を結集した旗艦ファンドとなります

基本方針

オフィス(注1)
都市型商業(注2)
投資規模(投資額の大きさ) ・投資実現性(取得機会の豊富さ) ・汎用性(需要・代替性の高さ)の3つ条件を満たす、オフィスと都市型商業を対象アセットとし、着実な成長と安定した収益の確保の実現を目指します
リスク分散効果を得るため、収益特性が異なるアセットタイプであるオフィスと都市型商業を組み合わせることにより、収益の成長性と安定性を重視したポートフォリオの構築を目指します
(注1) オフィスとは、東京都及びその他政令指定都市に立地するオフィスビルのうち、オフィス集積があるエリアの駅近等に立地する物件とします
(注2) 都市型商業とは、東京都及びその他政令指定都市における商業ビルのうち、鉄道等主要交通機関からのアクセス が容易な立地にあり、商業集積と高い繁華性があるエリアに立地し、個人消費の需要が集中すると見込まれる汎用性が高い物件とします

各アセットの投資特性

各アセットの投資特性

リスク分散効果のイメージ図

リスク分散効果のイメージ図

このページの先頭へ